椎間板ヘルニアの治し方。坐骨神経痛に効くストレッチ

こんにちは。藤田です。季節の変わり目は、腰痛注意報ですね。「普段どおりの生活をしていたのですが『坐骨神経痛』になってしまいました」というご相談が多いです。

今、とっても多いのが、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に悩んでいる人です。

現代人の方に、パソコン作業などで、ずっと同じ姿勢をすることにより、椎間板ヘルニアになる人が増えています。

今日は、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に効くストレッチをご紹介します。

この体操は、椎間板ヘルニアの坐骨神経痛解消に効果のある骨盤矯正体操です。

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に効くストレッチやり方

・椅子に腰掛けます。
・両方の足を片足づつあげてみます

ポイントは、上がりづらい方を確認することです。

坐骨神経痛

上がりづらい方の足を3秒間、「ふーーーーーっ」と息をはきながら、

2キロくらいの力で、足を踏み込みます。

足を下ろす方向にちょっとだけチカラを入れるわけです。

3秒間足を下ろす方向に、すこしだけチカラをいれたら、

「ぷはーーーっ」とチカラを抜いてください。

ポイントは、上半身も「ぐだーーん」とゆっくり力を抜いてください。

椎間板ヘルニア

このストレッチは、見た目以上にすごい効果があります。

・骨盤の筋肉バランスが整います。
・坐骨神経痛の痛みが減少します

この体操は、健康なときであれば、一気にチカラを抜けますが、当然ながら不調のある方は、慎重にゆっくりと力を抜いてください。

特に、ぎっくり腰の時は、ちからを抜くときも、ゆっくり抜いてください。

腰、骨盤にかかわる筋肉は、緩み始めるまで、時間差があります。30秒くらい、間隔をおいて、ゆっくりゆっくりやってください。ぜひお試し下さい。

実際に一人でやる方法をyoutube動画で一緒に見てみましょう。

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛に効くストレッチ