坐骨神経痛の治し方!足のしびれ椎間板ヘルニア用ストレッチ体操

こんにちは、さいたま市整体院の藤田です。台風が去ったあとで、今日も少し暑い気候ですね。皆さん体調管理は大丈夫でしょうか?今日もブログの読者さんよりメールをいただきましたので、ご紹介します。

●『身体をリラックスさせること、頑張らない、力を抜くことを心がけて、いつの日か再び走ったり、ダンスやテニスができるようになることを夢見ています。質問があります。私の痛みは数カ所にあり、痛みは強さも種類も変われば痛む場所も変わります。strong>Piriformis 梨状筋のあたり、Gluteus medius 中殿筋Gluteusのずっと奥の方、Groin, Inner thigh

ハムストリングスの付け根から、内転筋から腰骨にあたりFront Hip through Inner thigh through Hamstring attachment といった感じです。何年にも渡って、痛みが引きかけたり、悪くなったりの繰り返しですが、ここ1ヶ月ほどは、歩くのも階段の昇り降りも、鋭い刺すような痛みのために非常に困難な状態で、完全に足を引きずっての歩行です。

腰骨の前から横にかけて、そしてハムストリングスの付け根から、内転筋にかけて痛みがあります。藤田さんのビデオを検索してみたのですが、この痛みに良いのはどれなのか?アドバイスいただけたらと思います。』

Front Hip ってなんだろう?って思ったら、そけい部のことなんですね。股関節のことを、hip joint って言いますから、前側もhip なんですね。面白いですね。

フロントヒップ

で、ハムストリングスの付け根から、内転筋が痛いってことなんで、原因は、大腰筋なんですね。最近、ウチに来てた、お客さんでも、「内股、お股が痛いんです」って言ってた方がいましたが、大腰筋ほぐしてもらったら、「痛くなくなりました」って喜んでいただきました。

で、その問題の大腰筋↓↓↓

大腰筋 大腰筋

で、筋肉は、精神的に緊張すると、縮むんです。縮んで硬くなるんです、その大腰筋が硬くなると、どうなるかっていうと、長さがみじかくなるから、こんな感じに、反り腰になるんですね。英語だと、反り腰は、Hyperlordosis なのかな?ファイル名によると。。(笑)

反り腰 反り腰

反り腰になると、猫背になるんです。で、そうなると、ヘルニアとかになるんですね。

猫背 ヘルニア 反り腰

で、さらに、緊張が続く、さらに、硬くなる、さらに、縮むとどうなるか?切れるんですね。これが、痛みの原因です。よく、腰痛になったから、「毎日、朝、ストレッチをして、よく体を伸ばしているんです」って言う人がいますが、硬くなって、バッチンバッチンに張ってる、筋肉を、ギューーギューー伸ばすと、ピキっと切れるんです。で、さらに痛くなって、あるけなくなります。

切れる 切れる 筋肉ちぎれ

この画像の名前は、strainってなってましたけど、strain の意味は、ロープを切れそうになるまで引っぱるという意味だそうです。ここまで、わかっていただけましたでしょうか? グーグルの画像検索しただけで、これだけ、正しい情報が出てきて、すごいですね。英語で画像検索すると、大体の症状の原因に、行き着きますね^^。グーグル画像検索は、そのまま、直リンクはれないので、いったんブログにいれちゃいました。

大腰筋とハムストリングスをほぐす方法

昨日は、ウチの体操をやってもらった方に「走れるようになったよ」って喜んでいただけましたので、感想をご紹介致します!

『来る前は、足が痛くて走れなかったんですけど。体操をしたら、走れるようになりました~!ちょっと感動しましたー。』

嬉しいですね。そのヒミツは、無意識の緊張をゆるめたからです。なので、その体操を、みなさんにご紹介すべく、新しく撮影しました。ぜひご覧になってくださいね~!

無意識の緊張とは

大体の体の不調の原因って無意識の緊張です。無意識の緊張を、そのまま放置しておくと【カチンコチンな筋肉になり】痛みの原因になります。それが、お尻の筋肉だと、梨状筋症候群や坐骨神経痛などですね。左足がしびれたりします。でも、急に「さぁ、はい無意識の緊張を弛緩させて!」って言われても、むずかしいですよね。そんな時は、逆に【緊張させる】のが一番です。ギュー(緊張)ってして、ポン。(力抜く)

坐骨神経痛の足の痛みが治った体操

こちらの体操は、椅子に座ってできますので仰向けや、うつぶせが大変という方や、また、会社などで、休憩時間に体操したい~って、方にもピッタリですね。体操の名前は【むくみ解消体操】とありますが、足の痛み、しびれにも効果的ですよ。※ていうか、諸々の原因の筋肉緊張をほぐす体操です^^。

これで、あなたも、足をラクラクにしてください。こちらは、椅子に座って、かかとを上げるバージョンでした。つま先立ちになるパターンです。

他にも、かかとを支点にして、つま先をもちあげてするパターンをあわせてやっていただけると、さらに効果倍増なので、ぜひご覧になってやってみてくださいね。で、これは、つま先を上げるバージョンです。