坐骨神経痛に特化した教科書作成にあたり。本音を書きます。

こんにちは、藤田です。

これから、坐骨神経痛を切り口にして、体操解説コンテンツ作りはじめています。

で、今回、作っているコンテンツでは

『こっちに足をのばして、体をこう動かす』だけだったのから、発展して

0:まずは、坐骨神経痛の原因も説明します。

1:ここの筋肉とスジが緊張することにより、体がこう変化する

2:その変化により、あなたの痛みは発生している。

3:それを解決する方法はこれ

 
ってアプローチでご紹介します。

こっちに足をのばす事により、

どこどこ筋を動く

どこどこ筋が緩むから、そのことにより

この筋(スジ)が緩む。だから

坐骨神経痛がよくなるんだよ。

って深ぼった内容をご説明しています。

それを理解して実践していただくと、こんな感じで、痛かったところが全然痛くなくなりました!って言ってもらえるようになります。

想定している生徒は中級者クラスです。

youtubeみただけの初心者さんよりは、ちょっとだけレベルの高い方が対象になります。

「ワンタッチでやったらすぐに、 楽になる体操を教えて~」って方には向いてないですね。

体操自体は見たことある体操になります。

しかし、ここまでちゃんと、深く理解して行えば効果は、ぜんぜん違うはずですね。

つま先あげひとつとっても効かせるコツがある。

つま先上げ体操を見たことがあると思いますが、

でも、つま先だけパタパタする体操だときかないんです。やってるけど、効かないってひとは、つま先パタパタ体操をしているってことですね。

どこの筋肉がうごいているのか、なにを緩めようとしているのか?

ちゃんと意味がわかってやれば、つま先あげ体操だけでも、てきめんに坐骨神経痛はよくなります。

いままでとの違い

いままで、体操をご紹介するときは、

『こっちに足をのばして、体をこう動かす』という部分のみを紹介していました。

そういう解説はしなかったのは理由があります。動画は初級者さんを対象にしているからですね。

初級者さんには、体の難しい部分にはとらわれずに

『まずは簡単に考えて、まずはトライしてみて体感するのが大事だよ!』

というメッセージだけを伝えたいという藤田の考えからでした。

しかし、ごくごく少数ですが、

こういう体の中身的な説明を教えてあげることにより喜んでくれる人がいることがわかったので、

少数だけ販売しようと思ってます。

レベル別の進級のイメージ

ここで、藤田体操のレベル別の進級のイメージを書きます。

初級者向けは、

ぼくの中での初級者さんは、ぼくのコンテンツを見始めたばかりの人で、1週間目って感じです。

ブログ記事とYoutube動画は、初級者向け、いちげんさん、はじめてのはじめましての藤田と初対面の方です。

「坐骨神経痛って、治らない深刻でこわい病気!」というふうにお医者さんに催眠術で洗脳されちゃった方を想定しています。

ですので、体操は極力シンプルに「わからなくてもいいからとにかく動かしてみてよ。そうしたら、楽になるよ」

という感じで、伝えております。ここで、体が実際に楽になれば「あ、楽になるんだな!」「こわい病気じゃないんだ」「一時的な症状なんだ」って藤田理論をおちついて、話を聞ける状態になる。というわけです。

↑これが、ぼくの想定している藤田式の初級者読者さんです。

今回作る教材は、中級者向けになっています。藤田が想定している中級者とは、

藤田の7体操などの体操を、いっかい以上通しでやってみて、まあまあ少し以上は、効果を実感された方です。そしてけっこう、理屈とか理論とかが好きな人向けです。

患部に効かせたい。わるくなってるところにぐいぐい効果を染み込ませたい!!。

実利、実益ぽい、すぐにご利益を得たい方向けですね。体操自体が効果があることはわかった。でも、まだ本質的な部分はわかってない状態を想定しています。

「坐骨神経痛に効く体操はどれですか?」「坐骨神経痛におすすめの体操がありましたらご紹介ください」

などの質問をされている方は、中級者です。

「この体操はどこに効かせてるんですか?」「◯◯筋は、どれですか?」「整骨院で◯◯筋が固くなってるって言われたんです」とか、

「効かせるコツはどうすればいいですか?」みたいな質問が好きな方を想定しています。

上級者とは

余談ですが、ちゃんとした上級者になると”効かせる”って考え方を卒業できるので

◯◯筋とかいう考え方はいらなくなります。バランス体操には、効かせるって概念はありません。

あと、バランス体操は、体のすべての部分を狙うことができます。そして、ご自身でも、そのことを実感して体感して、習得することができます。

ですので、バランス体操の考え方を吸収できると、「◯◯が痛いのですが、◯◯を治す体操はどれですか?」という考え方も卒業できます。

なのでバランス体操は、初級者さんを上級者さんに成長させるコンテンツとなります。

これをマスターして、藤田の考えを「あ、そういう事ね!」ってわかったときに、あなたは、永久完治マンになります。

藤田の本音

今までの藤田は、ぼんくらのバカヤローでした。

藤田の本音を言います。

症状ごとに、なにをすればいいのか、考えてる人に、「◯◯が痛いときは、◯◯体操がおすすめです。」という紹介の仕方は、ほんとうは、あんまり僕としてはやりたくないことなんです。

このページで言うところの中級者さんのレベルって、藤田式で言えば、ちょっと中途半端な立ち位置なんですよね。

上級者の完全完治マンになって、健康マンになるためには、 『効かせる』『どの体操がいい』『体の部位ごとの考え方』とか必要ないし、その考え方がじゃまになるからです。

ぼくとしては、初級者のいちげんさんの状態から、メルマガを読んで、メルマガ内でのメッセージを受け取って、藤田式に共感していただけたら、バランス体操を購入して、上級者に進化してもらえてる。と思ってたんですよね。

Youtubeとブログで初級者、メルマガで中級者、バランス体操で上級者という進化を想定していました。

中級者の門の前で停滞している方が多かった

でも、それは、間違っていて、けっこう長いあいだメルマガを読んでいただいている方でも、中級者の門の前で停滞している方が多いってことに気づいたんです。

それで、今回、あらためて中級者さんっていうくくりを作りました。

やっぱり、まだまだ「坐骨神経痛に効く体操はどれですか?」読者さんのニーズが、まだすごくあるんですよね。

さんざん、7体操の効果を実証されてる方の体験談をこれだけ紹介しても、7体操って、坐骨神経痛に効くって理解されてないんだ。

って気づいて、ほんとに、自分でクソヤロウの大馬鹿野郎だったな。って気づきました。

ほんと、自分死ね死ね死ねって思いました。

ぼくが、読者さんのレベルをあげられてない。ってことなんですよね。

なんかバランス体操で一気に完治してもらって、一生、体に痛みがでない状態に、ズコーーーんと、一気に進級させようとして、客観的な視点が欠けていた。ということですね。

ですので、

「坐骨神経痛に効く体操はどれですか?」という質問に答える形で、

今回は、あえて、一段レベルをさげて、

「坐骨神経痛の原因の◯◯筋に効かせるために、足をこうひねる」

みたいな、解説にもどろうと思います。

お値段は10月の31日まで

ないし、先着20名様にたっするまでは、11,000円です。

11月からor20名様以上からは、2万円になります。

ご予約はこちらのフォームからお願いします。

予約の申し込み

藤田摩利男